相続税について

 

相続税と言うのは、親からもらった財産などに関して、生じる税金になります。

日本では、こちらの相続税がとても高い、と言われていて、たくさんの遺産を親から受け取ったとしても、相続税がその分発生してしまうので、ほとんど国にとられてしまう、ということにもなりかねません。

つまり、この日本においては、どれだけの資産家であったとしても、相続税で持って行かれてしまいますので、3代は続かない、といわれているのです。

3代相続すれば、相続税でその分持って行かれてしまい、ゼロになってしまう、ということなのです。

そう考えると、日本の相続税と言うのは本当に高いので、なんとかしてほしい、と考えている人も多いでしょう。

相続税のことを考えると、損なので、一番良いのは、やはり生きている間に使い切ってしまうということであるといえるでしょう。

多くの金額を残してしまったとしても、相続税で大部分を持って行かれてしまうのならば、むしろ使い切ってしまったほうが良いのではないでしょうか。

たとえば、息子や娘に遺産を譲りたい、と考えているのであれば、生きている間から、教育費などで援助をしたり、また住宅を購入する際に援助をしたり、またさらには少しずつ贈与をしたりするなどをして、相続税対策をしておくことがベストです。

相続税として結果的にたくさんのお金を持って行かれてしまうわけですから、生きている間に、使い切ってしまうようにすることが無駄がない、ともいえるでしょう。


転勤による自宅の売却について

 

もともと古い物件でもあったのですが、ここに戻ってくることもないだろうと思い売却を決めました。とは言っても、不動産の売却の経験はなく、全くの素人状態です。株式運用は少しばかりしていたので、指値で売ればよいくらいに考えていました。
不動産会社は、数社連絡をした中から大手を選びました。理由は、一番対応が良かったからです。その後、査定価格を出していただきましたが、こちらの希望価格とは差があったため予定通り指値で売りたいと申し出て、こちらの希望価格で出すことにしました 。

不動産をはやく売りたいならまずは基礎知識から。
急がば回れです。

未来を見据えて購入する

 

不動産というのは本当に欲しいもので無ければ、未来を見据えることが重要となります。特に不動産投資を考えている方にとって、その不動産の価値が上昇するのかどうかは重要な部分です。色々な要因によって大きく変動するとも言われている不動産は、どれくらいの価値が将来的に残りそうなのか考えておかなければなりません。
10年後ということを考えて購入するのが望ましいです。10年という年月が経過すると、確実に価値は大きく変わっています。何らかの災害が起こった場所というのは大幅に減額されることもありますので、出来れば災害に合わないような場所を購入するのがお薦めです。その上で将来的に利用しやすくなるというメリットがあるなら、収入を得るために購入するという方法もあります。
新幹線や新しい駅ができるという情報だけで、不動産の価格が大幅に上昇することもあります。それを見越して購入しておけば、不動産投資に成功する可能性は大きく上昇します。


太陽光発電の設備、耐用年数は

 

太陽光発電を設置することによって、電気料金の減少、環境負荷の低減や節電意識の向上といったメリットが挙げられます。
さらに余剰電力の買取制度もあり、「絶対に太陽光発電の設備を取り付けるべきだ」といった認識が高まるかもしれません。
しかし、太陽光発電の設置には問題があるのも事実です。
それは太陽光発電システムを設置した場合、「どれくらいの耐用年数があるか」ということです。
例えばソーラーパネルの耐用年数は20~30年、そしてパワーコンディショナーの耐用年数は10~15年といわれています。
実際の太陽光発電の価格は以下のサイトでチェックできます。
【CHECK!】太陽光発電 価格

太陽光発電は、投資的な意味でリスクがあるのは事実です。
このリスクをどう考えるかで設置をするかしないかが決まるといえそうです。

不動産とマンション売却の査定について

 

不動産やマンションの売却活動をする際に大切なことは、やはり複数の業者に見積もりをしてもらうことです。
大きなお金が動くことですし、焦らず時間をかけて調べることが大切です。
不動産の場合、多くの業者に一括査定をしてもらうことにより、所有不動産のおおよその相場も分かります。
今は、売る際に、いろんな業者での見積もり額の比較をシミュレーションできるサービスサイトがあります。
それを利用すれば客観的な売り値も分かりますし、売却チャンスを大切に、希望価格に近い業者を探すことができます。
見積もり額というものは、高ければ良い会社とも限りません。
そのあたりは、業者の営業担当者との関わり方も大切になってきます。
直接電話をかけて、対応者の誠実さなどを知るのも良いかと思います。

また、マンションの査定には、見積もりを依頼した物件と、その付近の似た物件との最新売買事例データを調べて、その価格を算出する、「取引事例比較法」というものがあります。

マンション売却の場合も、見積もりは「あいみつ」してもらうことが大切で、販売も一社ではなく複数業者に出すのが無難です。